ヤクルト山田哲人のメジャーの評価はどうなっている??将来移籍はあるのか?

長い長いプロ野球の歴史の中でも、史上初めて2年連続で

トリプルスリー(3割30本30盗塁)を達成したヤクルトの3番打者、

山田哲人内野手について、現段階でのメジャーリーグスカウトの評価は、

一体どのようになっているのでしょうか??


山田哲人メジャー評価ヤクルト1.jpg






スポンサーリンク

メジャーの名門、ヤンキースが山田を獲得に動く可能性も!?



メジャーのある球団のスカウトマンは、山田哲人選手のことを、

次のように評価しています。


「山田は日本球界初の本塁打王と盗塁王を同時に獲得した選手だ。

過去3年、特にここ2年で山田は日本球界で最も圧倒的な打者となった。

特筆すべきスイングスピードを持つ右打者で、ストライクゾーンの見極めも良い。

メジャーでの30本塁打、30盗塁は難しいだろうが、

20本塁打、20盗塁を達成するポテンシャルは秘めている。

セカンドを守る選手としては非常に魅力的な数字だろう」と。

20本塁打、20盗塁は可能!となかなか良い評価をもらっていますね。

来年ヤクルトとの契約満期を迎えるにあたり、巨額の再契約が予想されます。

万が一ポスティングに出された場合には、ヤンキースが山田選手のことを

すでにマークしており、獲得に乗り出すのではないかと言われています。

現在ヤンキースでセカンドを守っているカストロ選手を、

山田選手が入団するのならばサードにコンバートさせるという具体案も

挙がっているほどだと言います。

「20代半ばでパワーとスピードを兼ね備えた内野手は需要がある」のは、

日本もメジャーも同じなようです。

山田哲人メジャー評価ヤクルト2.jpg

目次にもどる

山田哲人本人のメジャー行きを聞かれた時のコメント。



2016年10月の取材記事では、山田哲人選手本人は、

将来のメジャー挑戦について記者に聞かれて、

「メジャーに行きたいとは全然思わないです。」と答えていますが、

最後にこのように付け加えています。

「すぐコロコロ変わる性格なので、2、3年後にはメジャーに行きたいと

言っている可能性もありますけど…」

ということで、メジャー移籍の可能性もなくはなさそうです。

2017年3月に行われるWBCでは、日本打線をけん引して、

日本のセカンドには山田哲人がいるということを、メジャーの各球団に

知らしめてほしいものですね!!


山田哲人メジャー評価ヤクルト3.jpg

目次にもどる
ページTOPにもどる