【WBC】侍ジャパンVS中国戦の先発投手は誰?キューバは中国に快勝したみたいだけど…

3月7日(火)に東京ドームで開幕した2017年のWBCですが、

侍ジャパンは打線が爆発して、キューバ代表に11-6で快勝しました!


開幕戦の先発投手を任されたロッテの石川歩投手は、4イニングを1失点に抑えて

きっちりと試合を作り、先発投手としての役割を果たしました。

1日明けて8日(水)のデーゲームで行われたキューバVS中国戦では、

キューバ代表が14安打の猛攻で6-0で、1安打完封勝利を収めました。

8日(水)の夜には侍ジャパンVSオーストラリア戦(先発は巨人の菅野投手)、

1日空いて10日(金)は侍ジャパンVS中国戦が行われます。


実力通りの3連勝で、1次ラウンドを1位で通過してほしいですね!

WBC中国戦先発投手侍ジャパン2.jpg


スポンサーリンク


7日(火)に侍ジャパンに敗れたキューバは、6-0で中国代表に快勝!



7日(火)の試合では、侍ジャパンの猛攻に遭い11-6でキューバ代表ですが、

8日(水)の昼12時から行われた中国戦では、投打がかみ合って6-0で

WBC今大会の初勝利を収めました。

侍ジャパンとの試合で、センターの守りで2度の好守を見せた1番バッターの

サントス選手が5打数3安打2打点と活躍し、投げては投手陣が4人の継投で、

中国打線を1安打に抑えて完封しました。

侍ジャパンVSキューバ戦を見ていたら、キューバの投手はコントロールが悪いな…

という印象を受けましたが、中国戦では試合全体で2四球と安定した投球内容でした。

このことから「中国打線はあまり強力ではない」ということがわかりますが、油断は大敵です。

侍ジャパンの選手たちには気を引き締めて中国戦に臨んでほしいと思います!

目次にもどる

WBC中国戦先発投手侍ジャパン1.jpg

WBC1次ラウンド最終戦、侍ジャパンVS中国戦の先発投手は誰か??



さて、侍ジャパンVS中国戦ではどの投手が先発を任されるのかですが、

最も有力なのは、ソフトバンクの武田翔太投手です!


武田翔太投手は、3月3日(金)に京セラドームで行われた阪神との強化試合に先発して、

あまり制球が定まらず、2イニングで3失点するなど不安を残す内容でしたが、

前回のプレミア12でも先発起用されていますし、国際試合の経験は豊富なので、

きっちりと先発投手の役割を果たしてくれるはずです。

もう1人中国戦の先発候補を挙げるとしたら、阪神の藤浪晋太郎投手がいます。

1次ラウンドは球数制限が65球しかなく、少ない球数でいけたとしても、

先発投手は5回が限度かなと思いますので、武田翔太投手と藤浪投手、

どちらも中国戦に投げるのではないかと思われます。

まっすぐに威力のあるこの2人が自分のピッチングをすれば、きっと中国打線は

きりきり舞いでしょうから、見ていて安心できる投球での快勝を期待したいですね!

WBC中国戦先発投手侍ジャパン3.jpg

目次にもどる
ページTOPにもどる