侍ジャパンVS中国戦の先発投手は誰か?1次リーグ最終戦は誰の右腕に託される?

ついに2017年の WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が始まりましたね!

7日(火)の夜に東京ドームで行われた日本代表の初戦(キューバ戦)では、

侍ジャパンの打線が爆発し、14安打11得点で快勝しました!

山田選手のホームランボールがファンに捕球されて、2塁打になるという事件も

起こりましたが、とりあえずは勝ったのでよしとしましょう(苦笑)

8日(水)は侍ジャパンVSオーストラリア戦(先発投手は巨人の菅野智之投手)、

10日(金)は侍ジャパンVS中国戦が初戦と同じ東京ドーム行われます!


侍ジャパン中国戦先発投手4.jpg


スポンサーリンク


3月10日(金)に行われる侍ジャパンVS中国戦の先発投手は誰か??



10日の中国戦の先発投手は、楽天の則本昂大投手ではないかと言われていましたが、

則本投手は7日のキューバ戦の2番手として2回2/3(投球数44球)を投げました。

投球数は65球以内だったため、WBCの球数制限(65球以上投げたら中4日空ける)に

引っかかってはいませんが、登板した時点で10日に先発する可能性は低くなりました。

では、侍ジャパンVS中国戦の先発投手は誰になるのでしょうか??

侍ジャパン中国戦先発投手1.jpg

中国戦の先発投手として最も有力なのが、ソフトバンクの武田翔太投手で、

もう1人候補を挙げるとしたら、阪神の藤浪晋太郎投手です。


順番はどうあれ、この2人が10日の中国戦で登板することは、

強化試合の登板日から考えれば、ほとんど確実でしょう。

武田投手も藤浪投手も150キロ近い直球を持っているので、

コントロールさえ乱さなければ、いいピッチングをしてくれるはずです。

実力的にも中国戦で侍ジャパンが負けることは許されないので、

キューバ戦とは違ったプレッシャーがあるとは思いますが、頑張ってほしいですね!

目次にもどる

侍ジャパン中国戦先発投手3.jpg

12日(日)から始まる2次ラウンドの侍ジャパンの先発ローテはどうなる?



当ブログの管理人は、侍ジャパンが1次ラウンドで敗退することはないと思っているので、

勝手に話を進めますが、12日(日)から2次ラウンドが始まります。

侍ジャパンの2次ラウンドの試合日は3月12日(日)、14日(火)、15日(水)となっていて、

7日(火)のキューバ戦で先発して4イニングを投げたロッテの石川歩投手が、

中4日で12日(日)の2次ラウンド初戦に先発起用されるものと思われます。


14日(火)の試合は菅野投手でほとんど確定で、

15日(水)は対戦相手によって流動的になりそうです。

(それでも、武田投手か則本投手のどちらかになるのかなと。。)

とにもかくにも、決勝ラウンドには絶対に進んでほしいので、

石川投手、菅野投手は他の投手と比べて、負担がかなり大きいとは思うのですが、

しっかり調整して、試合ではベストのピッチングを見せてほしいと思います!

目次にもどる
ページTOPにもどる

侍ジャパン中国戦先発投手2.jpg