侍ジャパンのオーストラリア戦の先発投手は誰?1次リーグ突破を占う大事な一戦!

ついに2017年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開幕しました!

日本代表の侍ジャパンは、3月7日(火)にキューバ戦(先発投手はロッテ石川!)

8日(水)にオーストラリア戦、10日(金)に中国戦が組まれているわけですが、

果たして前評判通りに1次リーグを1位で突破できるのでしょうか??

侍ジャパンオーストラリア戦先発投手2.jpg


スポンサーリンク


強豪韓国がWBC初戦でイスラエル代表に敗戦…侍ジャパンは大丈夫??



4年に1度の世界野球、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2017は、

実は日本より一足早く3月6日(月)に韓国の高尺スカイドームで開幕しました。


韓国代表が所属するのはプールAで、(侍ジャパンはプールBに所属。)

イスラエル、チャイニーズタイペイ、オランダと同じグループです。

6日の開幕ゲームで韓国は、イスラエル代表と対戦したのですが、

延長10回の激闘の末、なんと1-2で敗れました。

前回の世界大会の「プレミア12」では、準決勝で侍ジャパンを破って

優勝した韓国代表ですが、イスラエル戦では大きなプレッシャーもあってか

韓国本来の力を発揮することができなかったようです。

侍ジャパンオーストラリア戦先発投手1.jpg

このように野球というスポーツは、実力通りに勝敗が決まるというものではなく、

本当に何が起こるかわからない不思議なスポーツですから、

侍ジャパンの選手たちもあまり固くならずに(さすがに無理かな…苦笑)

いつも通りのプレーを見せてほしいものです。

目次にもどる

1次ラウンド第2戦、オーストラリア戦の侍ジャパンの先発投手は誰か?



1次ラウンド突破もしくは敗退の行方を占う最も重要な第2戦(オーストラリア戦)の

侍ジャパンの先発投手は、ジャイアンツの菅野智之投手に託されました。


菅野投手は、150キロ近いストレートと、切れ味鋭いスライダーに加えて、

他の日本のプロ野球選手たちにも認められている素晴らしいコントロールで、

昨年(2016年)には最優秀防御率と最多奪三振のタイトルにも輝いています。


今年の侍ジャパンの投手陣の中でも、菅野投手が最も安定感があって、

小久保監督にも高い信頼を置かれている投手です。


菅野投手が本来の実力通りのピッチングをしてくれれば、オーストラリア打線も

なかなか打てないはずですので、リラックスして試合に臨んでほしいと思います!

侍ジャパンオーストラリア戦先発投手3.jpg

目次にもどる
ページTOPにもどる