大谷翔平がヤンキースを断ったのはなぜか?二刀流容認なのにどうして…

大谷翔平ヤンキースなぜ二刀流2.jpg

大谷翔平がヤンキースとの面談を行わなかったのはなぜか??



自身の夢を叶えるためにメジャーリーグ入りを目指す北海道日本ハムファイターズの

大谷翔平選手ですが、あの田中将大選手がいるニューヨーク・ヤンキースとの面談を

契約の意思がないという理由で、なんと会う前に断ってしまいました。

面談するとなればOBの松井秀喜氏を動員する可能性も伝えられており、

最も大谷翔平の獲得に熱心で、アメリカの中ではヤンキースに決めるのではないかと

本命視されていました。実際に田中将大選手を楽天から獲得した際には、

交渉の末に彼の心を掴んだわけですが、大谷選手は二刀流ということもあってか

重視するポイントがちがったようですね…。

スポンサーリンク


ヤンキースフロントの大谷翔平に対するコメント。



ヤンキースは、大谷翔平選手がメジャーでも日本ハムの時と同様に「二刀流」に

挑戦することを容認する姿勢を早くから表明ししていました。

契約金も、メジャーの球団の中ではレンジャーズに次ぐ2番目の高さである

350万ドル(3億9500万円)の契約金を用意していたのですが、大谷翔平選手は

年俸の高い球団を選ばず、よりプレーしやすい環境を選んだようです。

ヤンキースのキャッシュマンGMは、

「事前に大谷に提出した我々の資料は、とても評価されたが、大谷は西海岸か、

市場規模が小さい球団を好んでいる、との理由で断られた。」とコメントしました。

大谷翔平ヤンキースなぜ二刀流3.jpg

大谷翔平は他にどの球団に断りを入れたのか??



ヤンキース以外にも、大谷選手は契約意思のない球団には面談しないことを伝えました。

メジャーリーグ公式サイトや複数のアメリカの報道局によると、大谷争奪戦から

脱落した球団は、ツインズ、ブルージェイズ、アスレチックス、レッドソックス、

ダイヤモンドバックス、メッツ、ブルワーズ、パイレーツ、ホワイトソックス、レイズ。

逆に残っているのは、マリナーズ、パドレス、ジャイアンツ、レンジャーズなど。

公式サイトによると、ドジャース、カブス、エンゼルスも候補に挙げられています。

合計として、アメリカ西海岸を中心とする7球団が候補として残っています。

果たして大谷翔平選手は、どこの球団を自分の活躍の場所として選ぶのでしょうか?

だいたい年明けごろには、我々も答えを知れるのではないかと思われます。

スポンサーリンク


ページTOPにもどる


大谷翔平ヤンキースなぜ二刀流1.jpg