チケットキャンプなどの転売対策として音楽業界がこれから行うこととは?

チケットキャンプ対策転売対策2.jpg


チケットキャンプなどのチケット転売サイトが今、世間では大きな注目を集めています。

数千円のチケットの値段が数万円に跳ね上がっていたり、

高値で買ったのに正規品ではない偽造のチケットが送られてきて、

ライブ会場に入れないといった事件まで起こったりしていて、

大きな社会問題としても取り扱われています。

認知度が広がり続けているこの「チケット転売サービス」に対して、

音楽業界は今後どのような対策を講じていくのでしょうか??






スポンサーリンク


◆チケットキャンプなどのチケット転売サイトの問題点とは?


チケットの転売は、今までは個人と個人によるやり取りで

小規模的に行われていたのですが、そこにビジネスとして

転売を仲介する大手起業が参入してきて、

最近ではテレビCMまで放映されるようになり、

市場の規模が大幅に拡大してしまいました。

具体的な問題点としては、転売目的で購入したチケット

これまでよりも明らかに売りやすくなってしまっていることです。


仮に5000円のチケットが1万円で売れた場合、差分金額の5000円は、

当然ながらアーティスト側には全く還元されず、

転売サイトと出品者の個人的な利益にしかなりません。

さらには、テレビCMが出るほどにポピュラリティが確立されて、

チケットキャンプなどの転売サイトを「安心して利用できるサイト」だと

ユーザーが思い込んで利用していることです。


実際には、転売サイトは偽造チケットなのかどうかを確認することは

現状不可能なので、購入者が会場に入れない等の問題が起きています。

このような問題が起きた時に、信憑性を失うのは、

チケット転売業界ではだけではなく、残念ながら音楽業界もです。

ですので、音楽業界も黙って見ているわけにはいきません。

音楽業界がチケット転売対策として、

これから打ち出そうとしている対策を見ていきましょう。

目次にもどる

backnumberライブ本人確認2.jpg


◆対策①:入場時に顔などの個人認証システムを取り入れる。


ファンクラブ限定ライブでは、チケットに本人の名前が印刷されていて、

会場の入り口で本人確認を受けることが当たり前になっていますが、

そのシステムが一般のライブにも導入されてくる可能性が高いです。

既に一部のアーティストのライブでは、入場口での顔認証が導入されています。

ただ、このようなシステムが取り入れられるということは、

お客さんがみんな、主催者側から疑われているということになるので、

せっかく楽しい気持ちでライブを見に行くのに、ちょっと寂しい気がしますね…。

目次にもどる

◆対策②:購入したチケットをキャンセル可能にする。


今まではチケットは一度買ったら、返品や交換はできないし、

他人に譲渡することもしてはいけないのが当たり前でした。

しかし、チケット転売サービスが力を持ってきたことがきっかけで、

その常識が今後改正される可能性があります。

チケットのキャンセルが可能になって、

キャンセルが成立したチケットを主催者側が回収、

それらを公式に二次流通させるというシステムが取られるということです。


公演が近くなればなるほど二次流通のチケットが安くなるなど、

(そうすれば、転売サイトから高値で買う人はいなくなりますからね。)

チケットが売られる時期によって値段が変わるということも起こり得ます。

目次にもどる

◆対策③:良い席、悪い席によってチケットの値段が変わる!?


ステージから近いアリーナ1列目のチケットが、

1枚あたり数万円~10万円という超破格のお値段で

売買されているということも現実に起こっています。

チケットキャンプなどの転売サイトを見ると、やはり良い席は、

定価よりも高値で取引されていることが多い傾向があります。


当然、これはライブ参加者のニーズが反映された結果ですから、

主催者側も参加者のニーズを汲み取って、席によってチケットの値段を

上下させるということも普通に有り得る話だと思います。

目次にもどる

チケットキャンプ対策転売対策3.jpg


◆さいごに


「チケットの転売を許すな!!」と言うのは簡単です。

仕事によっては、何か月も先のスケジュールを確保しておくのは難しい…

という人や、

チケット発売日の発売開始時間はいつも仕事中で電話なんかできない!

という人も世の中には確実に存在しています。

そのような人々がどうしてもライブを見に行きたいとなったら、

チケット転売サイトに大きな需要があることも

1人のユーザーとしては納得できます。

※音楽業界がチケット転売を認めていないことが大前提ですが。

ライブに行けなくなってしまったファンが、チケットを捨ててしまうのだったら

他のファンに見てもらいたいという気持ちもよくわかります。

ファンに混じって端から転売目的でチケットを購入する人がいたり、

定価よりも高い値段で取引されることが問題になっているわけですので、

このようなことはチケットを買う人たちの意志でなくしていかないといけません!


なので、まずはチケットを買う人たちが、チケットの転売サイト絡みで

今どのような問題起きているのかを知ることが重要なのではないかと考えます。

インターネットの発達で法律が間に合っていないチケット売買のモラルの部分を

音楽業界側の主催者とユーザーがいかに話し合ったり、発信し合ったりして、

共有できるかがカギになってくると思います。

チケットキャンプ対策転売対策1.jpg

目次にもどる
ページTOPにもどる