ソフトバンク松田選手は双子の兄弟で、とてつもない才能を持ったお兄さんがいた!?

ソフトバンク松田双子兄2.jpg

ソフトバンクの不動の三塁手、松田宣浩(まつだのぶひろ)選手は、

実は双子の兄弟の弟で、お兄さんがいたんですよ!


皆さん知ってましたか??


スポンサーリンク


◆ソフトバンク松田選手の双子のお兄さんの画像がこちら!!


ソフトバンク松田双子兄1.jpg

双子と言いましても、そこまで似てはないですね(苦笑)

松田兄弟は、2人とも小学校2年生の時に野球を始めました。

松田兄弟は滋賀県出身ですが、高校進学は、

2人そろって岐阜県にある私立の強豪、中京商業(今は中京高校)に進みました。

松田兄弟が2年生の時(2000年)には夏の甲子園にも出場しました。


運動能力的には松田選手よりもお兄さんの方が上だったようで、

高校時代、松田選手のお兄さんは、

50メートルを5秒台で走るホームランバッターだそうです…超人ですね(苦笑)

一方の弟、松田選手は努力型で、

恵まれた才能を持った兄という最も身近なライバルに負けないように、

日々の練習に一生懸命取り組んだようです。

松田兄弟が甲子園に出場した時は、松田兄はピッチャーとして、

弟の松田選手は3番を打ってショートを守っていました。

甲子園大会の結果は、初戦で沖縄県代表の那覇高校に延長の末、

松田選手の悪送球で決勝点を献上し、残念ながら負けてしまっています。

目次にもどる
スポンサーリンク


◆高校卒業後の松田双子兄弟の進路はどうなった?


中京高校卒業後は、松田兄は愛知県の有名企業に就職して、

社会人野球をやっていたものの、今では野球を辞めてしまっているようです。

一方、弟の松田選手は、これまた野球の名門、亜細亜大に進んでプロを目指し、

2006年のドラフト希望枠で福岡ソフトバンクホークスに入団しました。

ソフトバンクに入団してからの松田選手は、

プロの選手の中ではかなり遅咲きの方で、30歳にして三塁のレギュラーになり、

今ではソフトバンクの中軸を任されて、毎年安定的な成績を残しています。


侍ジャパン選出も常連となり、球界を代表する三塁手に成長しましたが、

松田選手がソフトバックホークスでレギュラーに定着するまでには、

2006年にソフトバンクに入団してから7年もかかっています。

その下積み時代を乗り越えた背景には、一番身近だった兄というライバルと

ずっと競い合ってきた経験が糧になっていたんだろうと思いますね。

ソフトバンク松田双子兄3.jpg

目次にもどる
ページTOPにもどる
スポンサーリンク